心置きなく安心に暮らせる一戸建て

一戸建て購入時は、立地状況と、周辺環境は最も重視すべき点だと思います。

地震による災害はもちろんですが、最近では土砂災害や河川の氾濫がとても多くなってきているので、土地の立地状況は安心して暮らすうえで最も大事だと思います。

また日々生活するうえで、車移動のみではなく徒歩で動ける範囲にどんなお店、病院があるのかなどは大切だと思いました。

周辺地図だけではなく、土地の状況を示す書類や土壌について詳しく書いてあるものを詳しい知人に聞きアドバイスをもらいました。

また実際に足を運んだときに土地の傾斜も確認しました。

何度も足を運び同じ時間帯だけでなく、朝・昼・夜とそれぞれの時間帯に周辺の治安も確認し、街灯、交番の場所も確認しました。

病院の位置や休診日、スーパーの開店と閉店時間も把握し、コンビニの場所、郵便局の場所等、生活に欠かせないものはあらかじめ確認して購入しました。

災害が多い国だと感じさせられることが増えてきているからこそ、立地状況は必ず考慮すべき点だと思います。

土砂災害は?河川の氾濫は?など安心して暮らせる場所は最低限大切にするべきだと思います。