地震に強い住宅にする

注文住宅の有難いところは、まさに自分の思い通りに住宅を作れることでしょう。つまりは、まさに自分の理想の住宅を、ということになります。

しかしここで気をつけなければならないのが、自分の目的、理想というのを明確にすることです。それこそ自分は素人であるわけですから、どのような住宅にするべきであるのか、というのがいまいち具体的にイメージを建築会社にお願いするときに難しくなったりすることがあります。そんな時にはまず、自分なりにどこに一番の拘りを持ちたいのか、ということを箇条書きにするようにしましょう。ここだけは外せないっていうところを決めておきましょう。それは外観であったり、内装であったりするのですが、個人的に欠かすことができない要素としてあるのが、防火性であり、耐震性です。
これは建築基準法的にそれは守られている要素はしっかりとあるのですが、そうではなくそれ以上に安心して住めるようにする、ということです。

注文住宅だからこその高い耐震性とか非常に強い防火性といったようなものを持たせることができるようになるわけです。どんな耐震性の強い住宅にするのか、ということになると、やはり壁の数、そして厚みでしょう。壁の数なんて、と思うかもしれませんが、これがかなり大事です。とにかく二階建て以上の場合は、支える壁こそが大事になります。壁を増やす、ということを注文住宅ではやってみるとよいでしょう。それで地震に強くなります。
後は当然ですが土台です。つまりは基礎部分で必要以上にしっかりと作ってもらう、ということもよいでしょう。これも素人には判断しにくいことではありますから、出来るだけ信用できるところにお願いするようにしましょう。それと具体的にどんなやり方で土台を、基礎を強くするのか、その工事の方法も説明してもらうようにしましょう。こうしたことによって注文住宅で地震に特に強い住宅を手に入れることができるようになります。

前の記事

新築作りは計画的に行う